はじまりをしるす

 

2021年あけましたね。
世間のイベントごとに鈍感なわたしでもお正月はすこしだけ意識します。
誕生日でさえも流れていってしまうので(ていうかみんなどうしてるんだろう、ケーキすら食べなかった)、せめて年を越すことくらいは気にしてみるという感じです。
今回の年越しは、気のおけない友人の家にいったり、来てもらったりとサイコウでした。
その友人のうちのひとりに「かなちゃん、神社じゃん」と言われて笑った。
畠田神社だね。わたしの創作の原点です。。

引っ越してから読書というものが遠のいていて、本読んでてもなんか頭をすり抜けてしまう感じだったんだけど、最近また読書が楽しい。寒いからかな。
webメディアの連載とか記事を読むのもすきなんだけど、やっぱり電子パネル上の文字をスクロールして読むのと印刷された活字を読むのとは全然ちがう。
スクロールは流れてしまう。その気軽さはうれしいし、情報を得たりいい気持ちになったりすることもあるけど、それを追うこと自体につかれてしまうことがある。
読書は「本」という物体を「金を出して手に入れる」、または「図書館に足を運んで手に入れている」とかの能動的行動が読書という行為に向かわせる裏付けになるよなあと思う。
図書館で借りるというのは、「超読書期(自分比)」なら全然大丈夫なんだけど、読むかな〜読まないかな〜くらいの「やや読書期(自分比)」だと返却期限が負担に感じて読まなくなってしまう。「金を出して手に入れる」だと所有物になるのでいつでも読めるしいつでもやめれて気が楽である。


ここ近年めちゃ実感する、わたしは時間に縛られる行為を受け入れるのが難しい。
とくに映像作品。美術館とかギャラリーで映像作品を観るのはけっこうすきなんだけど、映画が観れない。いや観ろよって自分でも思うんだけど、平均90分〜120分画面の前から動けないと思うと苦しい。自分のタイミングで動けない。動いてもいいんだろうけどそれって作った側のひとからしたら違うもんね。それを思うと「…無理だ!!!」となってしまう。日本のドラマは1話40分くらいなので観れます。とても自分勝手ですね、自覚してますよ。
ということで枕元におきっぱなしだった積ん読や新たに購入した数冊を行ったり来たりしております。読み切ったらここに記していこうかな。

そしてまた走ることに燃えています。あと筋トレ。
走ること自体は10月くらいからサボり続けててやっとひさびさ年末に再開。体調がよかったのか10kmをグンと走り切り、それからまた走る楽しさを感じたくて。
筋トレは、なんとな〜くたまにやってたのを12月に入ってから毎日の習慣にしてみたら体重がストンと2kgほど落ち、ハマっている。
たぶん筋トレ自体は大したことしてないので、どちらかというと筋トレをきっかけにからだのことを意識していることがいいんだと思う。
からだを自分がきもちいい状態に保っておくことって大事なんだなと。
炭水化物ばっかり食べてると詰まる感じするな〜とか、野菜とかだけ食べてても満足感得られないな〜とか、ジャンクなものばかり食べてると気持ちがスカスカしてしまうな〜とか。
そんなこともあってここでのごはん日記はだいぶ助かってる。自分のからだと向き合う食事ログ。

ところでわたしは頑なに走ってることを「ランニング」と書かない(書けない)のです。ランニングってなんか、「やってる感」ありませんか…?
「ラン」っていうのはもっと無理です。なんでかな、と考えてたら思い出したこちらのラジオ番組でのやりとり。(24分ごろからです)

 


youtu.be

ここでの武田砂鉄さんのエピソード。
『通っていた高校が、元々食堂だったところをカフェテリアとしてリニューアル。当時の同級生はそこを「カフェテリ」と略しはじめた。そこで僕はもう彼とは仲良くなれないと思ってしまった。』というもの。
そのエピソードを皮切りに「女子をいつのまにか自然に下の名前で呼ぶ同級生」「三軒茶屋はサンチャと略すのに、なぜ祖師谷大蔵はずっとソシガヤオオクラのままなのか」という、名称に対するもやもやを吐露していくお二人。わたしは走ることはずっと「走ること」としていこうと思いました。わたしは「走ってる」という感覚はあるが、「ランニングしている」「ランしてる」という感覚はないもんな。それでいいのだ2021。

引き続き落ち着かない世界ですが、すこしでも自分が保てる状況をつくって生きのびていきたいものですね。

ではまた。

 

 

 

てきとうごはんを記す3


2020年ラスト、ごはん日記行ってみましょう〜



f:id:tanoshiinichijo:20201231115125j:plain
ある日の夜。OKストアの唐揚げは間違いない。
ほかセロリとツナのサラダ、にんじんきんぴら。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115138j:plain
ある日の夜、焼きそばとにんじんきんぴら。

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115148j:plain
ある日の夜、残り物のトマトスープのさいごにペンネ
ケチャップを足しました〜


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115155j:plain
ある日の昼。マルちゃん製麺しょうゆ味に豚肉と小松菜ともやし。
CMの二階堂ふみのやり方で。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115202j:plain
ある日の夜。春菊のサラダとたまご。
たぶんこのあとになんか食べてると思うんだけど写真がない…笑


 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115211j:plain
ある日、有賀薫さんのレシピでカレースープ。
だいすき!

 

hokuohkurashi.com

 

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115218j:plain

ある日の夜?なんか食べたあとに足りなくてたまご。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115225j:plain
ある日の朝。
ライフ(スーパー)のベーグルとヨーグルト。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115232j:plain
ある日の夜、キャベツと長ネギのペペロンチーノ。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115241j:plain
ある日の朝、先日のカレースープ。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115248j:plain
ある日の夜、永谷園の麻婆春雨の素にもやしとかをin。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115257j:plain
ある日の夜、妹2がやってきた。
OKストアのピザとからあげ、コールスローサラダだけつくった。
前回ピザの見繕いを間違えてすごく余ったので、気をつけて買ってみたらちょうどよかった。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115304j:plain
ある日の朝、ヨーグルト。
ひさしぶりにヨーグルトを食べる生活に。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115311j:plain
ある日の夜。ククク…
セブンの砂肝おいしい。コーンをバター醤油で炒めた。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115319j:plain
ある日の夜。
ライフ(スーパー)のチキン南蛮とトマトペンネ
ごはん用意するのめちゃくちゃめんどくせ〜〜と思いつつ、ちゃんとお皿に盛った自分を讃えたい。




 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115325j:plain
りんご、蜜です





f:id:tanoshiinichijo:20201231115332j:plain
ある日の朝、セブンのビスケットがおいしい。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115339j:plain
ある日の夜。トマトスープ。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115346j:plain
ある日の夜、プチっと鍋のキムチ味をつかった。
長ネギ、もやしなど。
今年の冬はなんだかとても長ネギともやしが食べたい気分。
うどんをいれたはず。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115354j:plain
ある日の夜、こないだのトマトスープののこりでパスタ。
妹が来た時にタバスコを買ったので使いたい。
タバスコおいしい。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115401j:plain
ある日の朝、ヨーグルト、たまごのっけパン。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115408j:plain
ある日の夜、マルちゃん製麺にもやしなど。
疲れてへとへとになって作ったら水が多かったのかなんか味がぼんやりしていて悲しかった。

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115417j:plain
ある日の朝、ヨーグルト、チーズパン、りんご。
高山なおみさんがやってるみたいにフライパンでパンを焼きたいのに、うまくできない。これはたぶん魚焼きグリルで焼いたやつ。





f:id:tanoshiinichijo:20201231115424j:plain
ある日の夜、キャベツ、長ネギ、平茸、卵の中華風いため。
中華風とか言ってますがシャンタンいれただけです。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115431j:plain
ある日の朝、りんご、ヨーグルト。
ヨーグルト、昔すっごいハマって一日に大きいひとパック全部食べたりしてた時期もあったな。今なんで食べたいのかよくわかんないけど食べてる。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115437j:plain
ある日の昼、うめぼし入り卵とじうどん。
実家の母がたまに送ってくれる「五木うどん」、麺がやわやわでこれぞ懐かしの味。
作業しながら食べた。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115449j:plain
この家に来てはじめてパウンドケーキ焼いた。
りんごとドライフルーツ。





f:id:tanoshiinichijo:20201231115456j:plain
ある日の朝。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115504j:plain
ある日の夜、塩昆布キャベツと酒。
塩昆布キャベツ、なんか一人暮らし自炊の原点回帰感あるな。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115511j:plain
ある日の朝。ケーキがまだある。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115518j:plain
ある日の夜、甘唐辛子とトマトとキャベツとツナのパスタ。
いろいろうまくいった感あっておいしかった。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115525j:plain
ある日の朝、またちがうパウンドケーキ焼いたやつ、りんごとピーナッツ。
自分でつくった甘いものがあると安心するんだよな。
一度つくると感覚を体が思い出して、またつくりたくなっちゃう。





f:id:tanoshiinichijo:20201231115533j:plain
ある日の朝、おなじ。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115540j:plain
ある日の夜、スーパーの肉売り場にあった牛バラ炒めのパックにもやしでかさ増し、わさび菜を添えて。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115547j:plain
ある日の昼、キャベツと塩昆布のペペロンチーノ。
キャベツをたっぷり入れたらすごい大盛りになった。
夜までまったくお腹がすかなかった。





f:id:tanoshiinichijo:20201231115554j:plain
景色が似てますがその日の夜、キャベツとツナサラダ。
このあとひさしぶりに走った。
5kmくらいのつもりがどんどんノってきて10kmいってしまった。
やっぱり走るのは楽しいな〜!


f:id:tanoshiinichijo:20201231115605j:plain
んで、走った帰りに寄ったドラッグストアで買ったチルドなチキンで一杯。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115612j:plain
ある日の朝、りんごケーキまだあります。





f:id:tanoshiinichijo:20201231115619j:plain
ある日の朝、チーズパン。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115630j:plain
ある日の夜、プチっと鍋キムチ味でてきとう鍋。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201231115640j:plain
ある日の朝、パン。
映えを意識しないパンの配置。




f:id:tanoshiinichijo:20201231115647j:plain
きのうの夜。
働き納めたのでライフのチキン南蛮と、長ネギをとろとろに炒めたやつ。
こうみえて長ネギがメインなんですよ




f:id:tanoshiinichijo:20201231115657j:plain
今朝というか昼。白菜のサラダとパンとチルドなチキン。
早起きして走ろうと思っていたけど布団から出られなかった…。



このブログ、昨年の11月に始めてまだ18記事です。
気まぐれにもほどがありますが、最近は「ごはんをここに載せるかも」と思うと
ちょっとだけましなご飯を自分に用意できているような気がする(こんな有様ですが)。来年も気まぐれにてきとうに更新していこうと思います。
みなさま良いお年を〜。

 

 

 



てきとうごはんを記す2

写真がまあまあ溜まったので…

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202065450j:plain

ある日の朝。
たぶんツナサンド。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202061914j:plain

ある日の夜。
なかしましほさんのキーマカレーリベンジ。
前よりおいしくできた!
やっぱり前回はカレー粉が足りなかったみたい。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062028j:plain

ある日のたぶん昼、インスタで見た玉葱のパスタ。
玉葱をじっくりじくじく炒めてとろっとなったところに茹でたパスタを入れる、というもの。おいしかった。

 

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062036j:plain

ある日の夜。サーモンの刺身がさくで買えた!
小躍りしながらマリネにした。あとはかぶと葉っぱ炒め、ポテサラ(たぶん玉葱とアンチョビいれた)。

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062044j:plain

ある日の朝。引っ越したら、場所柄なのかスーパーにタカキベーカリーのパンが豊富に揃ってるのがうれしい。このパンもたぶんそう。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062054j:plain

番外編、友人とお茶。
MUJIカフェにひさびさ行ったのだけど、わたしも友人もキャッシュオン形式なのをすっかり忘れており、着席してなにも頼まずしばらく喋り倒してた…。おばさんの門を堂々とくぐったね。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062102j:plainある日の朝。ケーキ続いてますね。スーパーのやつだよ。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062109j:plain
ある日の昼。この時期はまってたサバ缶を2段階で食べる方法。
①サバ缶を汁ごと器にだしてレンジでチン→そのままたべる
②ちょっとサバを残して汁ごと小鍋にうつし、生米も入れて炊く、キムチとか豆腐があったらいれる
映えとは対極の食事。2段階で食べるとトータルの食事時間が長くなり満足度が上がります。ほら、ひとりのご飯っててきとうにやりすぎると「エサ感」が増して心がすさむジャン…?


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062116j:plain
the・エサ感な夜。もう疲れ果ててお菓子でも食べて寝てしまいたかった。
お菓子がなかったので冷蔵庫のあまりものでつくった。セロリと玉葱とサラミ。

 

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062123j:plain
ある日の朝。このパンとたまご一個がちょうどいい。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062130j:plainある日の昼?
有賀薫さんのスープレシピに青菜を入れたような。
有賀さんのレシピは具材も調味料もシンプルだからハードルが低くて助かる。。
柚子胡椒が添えてあるよ。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062137j:plain
ある日の夜、前菜。

f:id:tanoshiinichijo:20201202062145j:plain
こちらがメイン。さつまいもご飯!


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062153j:plain
ある日の夜。味噌バター鍋をイメージしてつくった。
にんじんから投げやり感が伝わってきますね。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062200j:plain
ある日の朝?
パンのはしっこ、いいよね。


 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062207j:plain
番外編、新宿の世界堂に行きがてらベルク。
ちょっとした「わたしってなんてアホなん」案件があり呑まずにはいられなかった。一杯ね。この帰りに地下中央通路をとぼとぼ歩いてたらマルチの勧誘っぽい男女二人組に声をかけられてその瞬間「舐められてたまるか!!!!」と目が覚めました。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062215j:plain
ある日の夜。春雨入りのスープ。さむくなってきたネ



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062222j:plain
ある日の朝昼。
きのうのスープかな。あとはたまごのせごはん。これおいしいのでたまにやる。



 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062232j:plain
番外編、ほしいも。
ジェーン・スーさんがすすめてるものは一度ぜったい試したくなる。



 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062240j:plain
ある日の朝昼。
ベランダ栽培のバジルをぜんぶ摘み取ってジェノベーゼ
前回よりおいしくできた!ささみ入りだよ。

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062251j:plain
実家飯。ランチョンマットの雑多さが実家だね。
母は在宅で仕事をしてるのだけど、仕事おわってものの15分でこの食卓よ。すごすぎます…



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062258j:plain
実家犬の頭。
犬は3年ほど前から実家にいて、わたしは一緒に暮らしたことがないので、年々犬のよそよそしさが増してる気がする。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062309j:plain
続・実家。
戸棚の奥に眠っていたらしいシケたグラノーラビスコッティを焼いた。
おいしくできたのでもう一回焼けばよかったナ



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062317j:plain
ここからキャンプです。
メンバーは父、母、妹2とわたしと犬。


f:id:tanoshiinichijo:20201202062407j:plain
ステーキ!!!



f:id:tanoshiinichijo:20201202062358j:plain
翌朝、きのうのトマトスープに生米いれてリゾットに。



f:id:tanoshiinichijo:20201202062402j:plain
おいしかったな〜




f:id:tanoshiinichijo:20201202062327j:plain
福岡空港にて。いまから東京かえるよ〜



 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062334j:plain
番外編、ごちそうしてもらった素敵なお店のきのこのパテ。
おいしかった。もったいぶって二日にわけて食べた。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062347j:plain
ある日の朝?昼?
地味・滋味スープ。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062412j:plain
ある日の夜。
豆乳鍋みたいなかんじにしたかったんだよなたぶん。
冬になるたびに「一人用の土鍋とか買ってそれをつつきたいな〜」と思いつつ結局毎年買わずに、台所でふつうの鍋につくったのをおわんに入れて食べてる。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062422j:plain
ある日の夜。きのうの鍋をまだ食べてる。
右のはポテサラ、余ったアンチョビを全部いれたらめっちゃしょっぱくて悲しかった。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062429j:plain
ある日の朝。翌朝。
きのうのポテサラをパンに挟む。
パンに挟んでもしょっぱかった。悲しい。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062437j:plain
番外編、ある日の素敵な外食。
ず〜っと行ってみたかったお店にすきな人と行けました。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062445j:plain
ある日の昼。
地味・滋味スープ。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062455j:plain
ある日の夜。
たぶん豆乳鍋ののこりをクリームパスタみたいにしたやつ。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062502j:plain
ある日の朝。実家から送ってもらったコストコのおこげスープ。
とろみがあっておいしい〜

 

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062512j:plain
ある日の夜。ささみとブロッコリーとじゃがいもをバジルソースで和えてチーズのせて焼いたやつ。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062522j:plain
ある日の早朝。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062529j:plain
ある日の朝。ごはん食べたりする部屋、朝にあまり光が入らなくて写真が暗い。



 


ある日の朝。こんなもんさ。




f:id:tanoshiinichijo:20201202062543j:plain
ある日の夜。ちょっとくさくさしていた午後、「あ、今日カレーにしよ」とひらめいてから楽しみでたまらなかった。
カレールーの箱に書いてある作り方をベースに、にんじんジュースと余ってた赤ワインいれたらおいしくできた〜。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062549j:plain
ある日の朝かな。近所のおいしいパン屋さんのあんバターフランス。カロリーうまい。。。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062556j:plain
豚肩ロースが安かったので塩豚を仕込む。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062603j:plain
ある日の朝。セロリとツナのサラダのっけパン。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062610j:plain
あんバターフランスのとこのリュスティック。かみごこち、ジュワー



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062618j:plain
高山なおみさんの「自炊。何にしようか」を読んで、初めて大豆を煮てみた。
ほっくりして豆の味がしっかりしてほんとうにおいしい。

f:id:tanoshiinichijo:20201202062625j:plain
ひじきと炊いてみた。この日は一日大豆食べてた。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062631j:plain
ある日の朝。引き続き大豆。
大豆の煮汁ごとスープにするとおいしい、と高山さんの本にあったのでやってみた。
お・い・し・い



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062641j:plain
ある日の夜。
前の玉葱パスタのやり方に長ネギも足してやってみた。おいしかった。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202062648j:plain
番外編。

TBSラジオジェーン・スー生活は踊る」リスナーである友人たちと
番組内で紹介されていた健康法(ケンタッキー健康法、肉まん健康法)や料理を持ち寄ろうという趣旨のパーリナイ@うちんち。
参加したひとりがあんまり番組のことはしらないというので「背徳グルメみたいなものかな」と伝えたところカップ麺を持ってきた。伝え方って大事ですね。
呑んで食べてしゃべり倒して楽しい時間〜
ひとり終電がなくなってしまったので道連れでみんなお泊まり。
わいわい合宿みたいでほんとに楽しかったな。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064248j:plain
合宿みたいな日の翌日、みんなで散歩したのち予定がある人たちは帰ってゆき、のこる友人とわたしでパンを買って多摩川へ。いろいろ話せてよかったな。



 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064257j:plain
ある日の朝。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064304j:plain
ある日の夜。
おまちかねの塩豚と長ネギを焼いたやつ。おいしかった〜



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064311j:plain
ある日の夜、ナポリタ〜ン



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064318j:plain
ある日の夜。からあげ(ハート)




 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064325j:plain
きのうの夜。
帰宅したのが遅かったので軽めに〜
冷蔵庫に残ってた野菜を全部炒めた。みどりの野菜炒め。
(キャベツ・長ネギ・ピーマン・山東菜
おいしくできた。



 

f:id:tanoshiinichijo:20201202064332j:plain
今朝。塩豚の残りをトマト仕立てのスープにしたやつ。
たくさん作ったのがあとすこし。

 



パスタばっかり食べちゃうな。最近あんま運動もしてないしちょっと意識しよう…。

 

 








 

 

 

 

てきとうごはんを記す

 

 

引っ越してから、ごはんを記録するのがなんとなくクセになっている。

誰に晒すわけでもなく淡々と記録してきたけど、季節の変わり目だしそのときどきの嗜好を俯瞰してみてみようってことで、思い出せる限りそのときどきのことも添えてみようと思う。

 

f:id:tanoshiinichijo:20201013204548j:image

たぶん引っ越してから初めて自炊らしい自炊をしたときの。9月頭。

目玉焼きがだいぶ不格好だけど、ちょろっとかけた醤油と、シャウエッセンの旨みもあいまっておいしくて夢中で食べた。引っ越し前は食材をなるべく買わないようにしてたので必然的に出来合いの弁当とかお惣菜とかばかり食べていて、だんだんそれがストレスだったんだよな。どんだけ雑でも自分で用意した自分が食べたいものを食べるのってしあわせだ〜〜!!!と実感。。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204450j:image

ある日の晩ご飯。めんどくさいときはパスタに限る。お腹減ってたんだろな、麺が大盛り。ベランダ栽培のバジルをやっつけでのせて罪滅ぼし。

ピーマンは、この時期ハマってた「ジェーン・スー生活は踊る」で紹介されてたパリパリピーマン(縦に切って種をとったピーマンを水に一晩つけたらパリパリの食感になるというもの)にツナマヨをのっけて食べるってやつ。おいしいよ。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204435j:image

ある日の晩ご飯、どうしてもゴーヤチャンプルーが食べたくなって、もう季節の終わりで割高になってたゴーヤを買って調理。おいしかった。汁物を作る気力はなかった。。

箸置きほしいな、とずっと思いつつ渡し箸…

 

 

f:id:tanoshiinichijo:20201013204519j:image
ある日の朝。ごはんの上にテキトーオムレツをのせたうえに高菜。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204544j:image

ある日の晩。ベランダバジルがあまりにもワサワサなので、思い切ってジェノベーゼ

なんかあんまりおいしくできなかった。

またパリパリピーマンやってる。

うえにのっけたのはタルタル風、容器が変形してます。


f:id:tanoshiinichijo:20201013204458j:image

ある日の晩。鶏手羽元のサッパリ煮とごはん。

やはり汁物がめんどくさすぎて作れない。

手羽元さいこうにおいしいけど食べるとき手がベッタベタになるね。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204527j:image

いつだかのポテサラ。たぶんアンチョビと玉ねぎ入り。ポテサラだいすき!

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204530j:image

ある日の晩、高菜チャーハン!

インスタントのワカメスープ。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204512j:image

ある日の朝。なかしましほさんのレシピできのことベーコンの炊き込みご飯、うますぎでした。たぶんおかわりした。

インスタントのワカメスープがあるだけで心がちょっと豊かになります。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204516j:image

ある日の晩。妹が遊びにきた。

ピザはOKストアのやつで、サラダを妹に作ってもらい、わたしはチキンナゲットに挑戦した。意外と簡単にできた!材料も鶏ひき肉と豆腐だし、安くておいしいっていいね。

妹は食べたあとお腹いっぱいで寝てました。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204556j:image

ある日の昼?超絶雑パスタ。ベーコン、玉ねぎ、味付けは…思い出せないけど最後にバター入れた気がする。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204505j:image

なかしましほさんのレシピで生姜たっぷりキーマ。やさしくておいしい。カレー粉が足りなかった。もっとレシピに忠実に作ってみたいのでリベンジしたい。

(青い光はテレビです)

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204509j:image

ある日の朝。

高山なおみさんのレシピで生姜の炊き込みごはん、サラダはにんじんとたまねぎをカンタン酢に漬けたやつをのっけた。

(箸置き買いました)

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204540j:image

ある日の早朝。冷凍しといたキーマとチーズをのせて焼いたパン。おいしかった。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204444j:image

ある日の昼?

Twitterアカウント「今日の140字ごはん」の人がやってた蕎麦をオリーブオイルとめんつゆで和えるやつを。簡単で趣向が変わっていいな、と思ってたまにやってる。

このときは刻んだネギも一緒に和えて、卵と海苔のっけ。

左上の野菜はカンタン酢につけたやつ。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204523j:image

ある日の朝?

冷凍しといた生姜の炊き込みごはんの上に豆腐ほぐしたの。サラダのやっつけ感、箸置きに無理やりスプーンものっけるかんじ、い〜んです。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204501j:image
f:id:tanoshiinichijo:20201013204454j:image

ある日の昼。

午前中出かけた帰りにセブンでコロッケを買い、冷凍しといたパンを焼いてコロッケサンドに。おいしかった〜〜

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204534j:image

ある日の朝というか昼?ひんやりしてくるとあったかい汁物食べたくなるよね。。

OKストアで一袋70円台で売ってるフォーにサラダチキンとグリーンリーフのっけて食べた。

友達にもらったスパイスセットのなかのひとつ「バードアイ」を途中で投入。辛くて汁すするたびにむせた。おいしかった。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204553j:image

ある日の晩。めんどくさいときはパスタです。

きのこのペペロンチーノ、テレビの光を添えて。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204440j:image

今日の朝。なんとな〜くのわたしルールで、9時〜10時くらいに食べる朝ごはんはしっかりめに食べるけど、8時より前に食べるときは重くならないようにコーヒー一杯とゆで卵一個、とかクッキーとかをつまむ程度、というのがあるのだけど、今日は走る予定だったのでわりと食べた。まだ食べれたけど重くなると眠くなってすべて放棄する恐れがあるのでとどめておいた。。

 


f:id:tanoshiinichijo:20201013204447j:image

宣言どおり走れた。帰宅してからの昼。

蕎麦をザルのまま置く、まさにザルそばスタイル。なんとかしなきゃと思いつつ早うん年。。

きのこのつけ蕎麦にした。おいしかった。

 

 

以上です。また思いつきでやるかも。やらないかも。

 

 

拠点の移動

 

ちょうど一ヶ月前の今日、国立から家を引っ越しました。

この一ヶ月たびたび国立ロスになったりもしたけれど、もうなんとか「ここで生きるぜ〜」という気分になってきた。
国立、ほんとにほんとにすきな街で、このままずーっとここに居るんだろうなあとよく思ってたんすよ。
本屋や喫茶店やスーパーが充実していて、緑が多くて、治安もよくて、住んでたアパートも日当たりが最高だったしそれなりに広くて家賃も安くて大家さんがとってもいい人だった。
居心地のよさはほんとうに最高。ただ、居心地がよすぎて脳みそが溶けそうになってしまったというか…

拠点がずっと変わらないと、動きがパターン化されてくる。
パターン化されてくると、どんどん考えなくなる。
考えても考えなくても生活は続くし、それなら考えないほうが楽だし良いっていう人もいるでしょう。しかしね、飽きっぽいわたしはそれがどんどんストレスになっていったんですね〜。あのほら、散歩してたらうっかり知らない道見つけちゃって、この先どうなるの?!でも気になる…!!ああどんどん前に進んじゃえ!!みたいなワクワクを探知するアンテナが死んでいくような感覚?とにかく、このままここに居続けたら、脳みそ溶ける!!!っていう危機を感じたのだった。

引っ越そうかな、と思い立ったのはだいたい7月頭ごろで、自由に外出できない状況が続いていたことに気が狂いかけていたのもあったかと。「いっそ福岡に移住したろか!」とか「湘南のほう住んだろか!」とかかなり偏ったところから物件探しをはじめて、福岡の家賃の安さに泣きながらいやいやそれはさすがに現実的ではない…と思い直してどうにか神奈川県と東京都の県境あたりに決めました。物件決めたのは7月18日、思い立って約2週間。よっぽどだね。
ちなみに国立には4年ちょっと居ました。その前にすぐ隣町の立川に4年居たので、あの地区を8年ちょっと、ぐるぐるしていたのだ。それは長い。

さて拠点を移動して一ヶ月。
国立のような文化的な雰囲気はなく、ほんとになんにもない郊外ですが、ちょっとずつ生活のベースがかたまりつつあります。
いまの家、作業スペースが前よりうんと広くなったのでがんばれそうだ。
広さもあるけど、生活するところと作業スペースがきっちり分かれていることがとてもよい。気持ちの切り替えがスッとうまくいくかんじ。

また数年後、脳みそ溶ける!!と言いつつここから移動するのかもしれませんが、ひとまずしばらくはここで生きていこうと思います。

家について

 

ああ、またか、と半分眠ったままの脳みそで考える。
家族で家を引っ越す夢。

家族、というのは父、母、わたし、妹二人の計5人。

夢のなかの引っ越し先は、あるときは田舎の祖母の家を拡張したような屋敷だったり、いわゆるセレブが住んでそうな大理石の床の広い家だったり、今ひとり暮らししてるアパートを改築したみたいな間取りの家だったり、いちばん最近のだとちいさな部屋が入り組んでいる古い家だったり。
その夢のなかの世界はとても幸福で、わたしはとてもワクワクしている。
引っ越し先が広い屋敷とかだと自分の部屋がもらえて、フカフカのベッドがあったりする。そこに妹とダイブする。いちばん最近のちいさな部屋が入り組んでる古い家で与えられた部屋は図工室のようなつくりだった。ちいさなキッチンがついていて、自由気ままに制作できるぞ、と思ったのだった。
むかしの実家だったボロいマンションに「戻る」かたちで引っ越しをするという夢もよく見る。現実ではわたしが中一のころにそのボロいマンションから徒歩5分くらいの当時の新築マンションに引っ越したのに。
ボロいマンションに「戻る」引っ越しは、ワクワクというより落ち着いた気分。戻ることを喜ぶでもなく悲しむでもなく、とりあえず受け入れてる。ただ、幼少期を過ごした記憶が残っているからか普段現実ですっかり忘れているようなそのボロいマンションの細部まで見えてきたりする。最上階の階段の先の暗闇、古いトイレと狭い脱衣所、台所の棚の中。
その引っ越しのときの自分の年齢はばらばらだ。小学生だったり、高校生だったり、現実の自分の年齢そのままだったり。高校生の自分だと、だいたい鏡の前で身支度を整えている。今日体育があるのに体操服を用意してない!とバタバタしていたりもする。
あまりにも何度もこういう夢を見るので、起き抜けにスマホで「夢占い 引っ越し」と検索することもなくなってしまった。

もうひとつの家は夢のなか。

生活のうすのろ

 

結局きのう、あれからカップ焼きそばを食べて、ちょっとお酒ものんで、最近気になっている人の日記をネットで読み漁った。物書きの人の日記はときにヒリヒリしていて中毒になる。3時すぎに寝た。ほんの二ヶ月ちょっと前までほぼ毎朝5時起きだったのがウソみたいだ。

寝付きが悪くて何度か目覚めて8時半に起き上がる。カップ焼きそばの胃もたれ。コーヒーを薄めに淹れて、走るときに聴く予定だったクドカンのACTIONを再生する。クドカンの担当日に武田砂鉄さんも出るというスペシャル回なのだ。
ラジオを聴きながら「仕事本」の続きを読む。ああ、こうしているうちに走らないと、どんどん体がベッドに吸い込まれてしまう。よくない…よくない…と思いながら横になる。起床1時間後のアイドリングストップ

しばしの停止ののち、きのう夜中に読んだ日記に回転寿司に行ったことが書かれていて、寿司食べたいな〜と思ったことを思い出す。近所の回転寿司店を検索。もう、外に出る口実をつくらなければ今日がなにもかもダメになってしまう気がして。回転寿司店は駅前のほうにもあるがここはあえてより郊外のとこにしよう。服を着替えて化粧を施す。きのうドラッグストアで買い物したときにほんの出来心で買ったアイシャドーを使おう。安い化粧品しか使ってないけどメイクは楽しい。その楽しい世界の入り口に導いてくれたあの人にもう会えないなんて、何度考えても信じられない。伸びをしたら背中のまんなかあたりの筋が違えてしまった。痛い。

 

自転車を走らせてド郊外の回転寿司店へ。客席は3割くらいしか埋まってない。片耳にイヤホンを入れて「ジェーン・スー生活は踊る」を聴きながらもくもくと食べる。片耳イヤホンとか競馬中継聴いてるオッサンかよ、と思いつつもラジオは聴きたい。もはやTBSラジオ(主に昼)はわたしの生活の一部です。食べたいものをすきなだけ、すきなタイミングで食べられるしあわせ。しかも後片付けしなくてよし!結局20貫くらい食べた。うち3皿エンガワ。エンガワおいしいよね。にしても20貫、こんなだから運動してもちっとも痩せない…
お会計を済ませて店を出る。道中にスタバを見つけたので行ってみよう。郊外型のドライブスルーができる店舗。お客さんが少なくて安心する。
スタバがストローを紙にしたらしいというのはツイッターとかで見てなんとなく知っていたが、わたしが頼んだキャラメルマキアート(アイス)にはストローがついてなかった。ちかくのナプキンとか置いてあるカウンターを見てもストローが見当たらないので、上蓋を外してコップみたいに飲んだ。こういうときに店員さんに話しかければ解決しそうなことをつい怠ってしまう。本を二冊持ってきたので気が向いたほうを読む。

家をでる前に違えた背中が地味に痛くて、小さい声でフゥーとか言って紛らわしながら、なんとなくショッピングモールに行きたくなったので向かう。あの巨大空間で虚無を感じたい。ショッピングモールとかファミレスって、虚無ならではの器の大きさがあるような気がする。自分が誰でもなくても許されるというか。対岸に値するのは洗練されたセレクトショップとか、個人経営のこぢんまりした飲食店とか。今日は虚無モードなんだな、わたし。
チャリを漕いで15分ほど、立川のららぽーとに到着。とくに何の目的もないが、なるべく目に付いた店にはいちいち立ち寄って行く。全然しらないファストファッションの店でいいかもと思った服を試着したら自分の体型とまったく合ってなくて笑う。ららぽーと、2時間ちょっと滞在したが結局服雑貨類はなにも買わず、産直野菜の店でおいしそうな春菊とナスとトマトと大葉を買う。これにひき肉を買えば有賀薫さんのレシピでスープがつくれるぞ。
それにしてもやはり背中が地味に痛い。かばって変な姿勢をとってしまうので肩もガチガチになってきた。帰りましょう…

 

と、国立方面にチャリを走らせるが家にいたくない!!と思い始めてしまった。でも、歩き回った疲れもあるんだと思うけど、背中が痛くてなんとなくつらい。どこか一杯だけさくっとビールを飲んで帰ろうか…と思いつくが普段まったく飲み歩いてないので皆目検討がつかず結局家に帰ってきてしまった。ああ、アンテナの弱さよ。
家にいる時間が長すぎて、一度外出すると解放された気分でハイになり、帰りたくなくなってしまう。「生活のうすのろ」という文字が浮かぶ。なんだっけ?とインターネットで検索したら佐野元春の「情けない週末」という歌の歌詞のようだ。知らない歌だ、と思ったら穂村弘の「現実入門」で引用されていたのだった。これを読んで頭の片隅に残ってたようです。


今日はがっつり走りたかったけど背中がアレなので、あとでユーチューブ運動をしようかなと思う。